スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

男子リカスタムやったった

万年服難民なせいで出番が少ないカスタム男子、アレン。
そろそろ半袖が欲しい季節になってきました。
でも持ってないからなるべく涼しいそうな色合いの長袖を着せてます。

またちょびっと口元を整形しました。
最初のカスタムはイスルを参考にしたんだけど、やっぱりブライスの顔立ちに黒線一文字は不自然かな、と。
昔のドール雑誌に載ってたカスタムブライス男子さんを参考にさせてもらいました。

本当はもっとがっつり彫り込んで立体感出したいんですけどね。
腕もないのにいきなりやって取り返しのつかないことになったらコワイのでやめときました。
ちなみにアレンの変遷はこんな感じ↓

左がカスタム初期のオビツボディ+ウィッグで、右がイスルボディ+デフォヘアカット後。
今と最初を比べると別人ですね。

今回仕上げのスポンジヤスリがちょっとテキトーすぎたかも?
コンパウンドも使ったけどあんまり艶が出なくて、半光沢くらいに落ち着いた気がします。
まあこれはこれで写真撮りやすいしいいかな。

スポンサーサイト

春のカスタム週間〜ミシャ頭皮交換ほか〜

まだやってたのかよ、ってツッコミたくなるくらい間が空きましたが、カスタム週間続いておりました。
今回も 犠牲 対象になったのはミシャのアンナさんです。

サイドパートの前髪あり。しかもうちは薄毛で前髪幅かなり広め。
ミシャのデフォヘア、本当に扱いづらいです。
元の髪がすごく好きな色なので、同じ色のサランが手に入るならセンターパートに植毛し直してやりたいところなんですけど、そうもいかないからとりあえず頭皮交換してみました。

使ったのはプレーリーポージーさんの頭皮です。
毛量豊かでとってもきれいな赤毛です。
アンナはメイクも変えてるから最早誰かわからない……

アンナ「やだなー、ちょっと前髪伸ばして髪染めてみただけだよ」

前はかわいい系(ただし気は強い)だったアンナさん。ちょっと美人系になったかも?
あ、またシャツ歪んでる……

ちなみにチークもだいぶ増量しました。
画面で見るとあんまり変わらない??

母に「ミシャの面影が全然ない」って言われるくらいイメージ変わったけど、赤毛も似合っててかわいい♡
そのうち元に戻すと思いますが、とりあえずしばらくは赤毛になっといてもらおうと思います。

アンナ「新しい私をよろしくね〜」

カスタム話ついでにもうひとつ。
先日姉が「レイチェルのアイチップ変えたいけど開頭なしでやろうとしたら上手くいかない」と言うので、2人でラディエンス開頭講座(?)をしました。
で、実演用に私も誰か開頭するかって感じで、開き慣れているシャンゼリゼのナディアさんを抜擢!

ナディア「なに、その理由……すごい迷惑なんだけど」

開頭ついでに正面に移動させていたスペシャルのコバルトブルーを右に戻しました。
先日姉のベアトリさんと並べて写真撮ったときに、右のブルーがすごく似た色だったんです。
それを見てたらやっぱりデフォルト位置の方がしっくりくるな、と。
今は一応撮影用ライトも使ってるからどっち側が暗いとか撮りにくいとかもないし。

空いた正面は右に入れていた紫と交換しました。
最近はデフォルトオレンジのアイも好きになってきたから全部元に戻してもいいんだけど、どこかに紫アイが入ってるのがうちのナディアらしさな気がします。
……今気づいたけど、右目のまつげズレてますね。
アイ外したときになったのかなー。

以上、春のカスタム週間でした。

春のカスタム週間〜男子三日会わざれば刮目して見よ〜

最近出番が少なかったフレンチトレンチカスタム男子、アレン。
成長期の少年らしく、しばらく見ないうちに随分雰囲気が変わりました。

今日もカスタム中写真もなくて大した内容ではありませんが、ボディ写真やカスタムの話題が苦手な方は自主退避をお願いします。

アレン「急に背が伸びたんだ。あと髪も切ったよ」

オビツ23cm少年ボディからGrooveのイスルボディに変更して、デフォのフレトレさんヘアをカットしました。
背が伸びて頭が小さくなったら少年から青年に成長した感じ?

(左)Before、(右)After

最初のカスタム時に熟考の末選んだオビツボディでしたが、やっぱりブライスのグレープフルーツ頭を支えてポーズを取らせるのは至難の業でした。
きっときちんとブライスに対応させるように補強や工夫をすれば使いやすくなるんだろうけど。
私は輪ゴムやおゆまるで誤摩化してたので、オビツボディ特有の多彩なポージング力も活かすことができず、仰け反る腰に悪戦苦闘するだけ。
そこでブライスより小さいとは言え同じく巨頭ドールであるイスルのボディに変更することにしました。

後頭部のネジを外して顔パーツを前後にぐりぐり開ける→新しいボディよ〜→後頭部閉めてネジを戻す
これだけでOKでした!
びっくりしたのは首の先端のジョイント部分(フェイスパーツに填める溝の部分)のサイズと形状がブライスと全く同じだったこと。
おかげで特に工夫をしなくてもぴったりでした♪
全身のバランスも良くなったし、頭を支えてしっかり立ってくれます。

ちょっと情けないパンツ姿(笑)←リボンを取ったフレトレさんデフォショーツです
イスルたちはものすごい色白さんなので、ナチュラルスキンって言ってもめっちゃ白いです。
普通肌ブライスだと顔だけ日焼けした営業マン状態(笑)
でもまあ服着たらそこまで目立たないから気にしないことにします。

ボディ変更のついでにヘアカットもしました。
いつも母に「頭がデカすぎる」といじめられていた(?)アレン。
ハゲ頭にしてボアウィッグでも作ろうかなと思っていたところ、姉から「どうせハゲにするなら、もったいないからダメ元でヘアカットしてみたら?」と提案が。
確かにフレトレさんのデフォヘアは色もきれいで毛量もしっかりあるし、丸刈りにするには惜しい。
とりあえず切ってやれ!と色々カッコいい男子ドールの写真を見て頑張りました。
が、ヘアカットめっちゃむずかしい……。
切りすぎとか色々あってイメージと違うけど、何とか男子っぽいショートヘアになったので妥協しました。

多少ユルくなったけど以前のウィッグもまだ使えます。
「やっぱこの頭ヘン」と思ったらこっちに戻すか新ウィッグにします。

以上、カスタム男子成長編でした!

春のカスタム週間〜ミシャ、メイク直しで変身!〜

昨年末にうっかりチークに目立つ傷を付け、チークなしになってしまったミシャのアンナさん。
写真のたびにデジタルでチークを足すのもいいかげん面倒になって、最近はチークがないままにしてました。
でもやっぱり顔色が悪く見えて写真写りが悪い……。
しかもだんだんサーモンピンクにしては濃いめで下にズレ気味なリップも気になってきました。
というわけでついにメイクカスタム断行です!

以下、覚書き用に簡単にやったことを残しておきますが、我流の初心者なので参考にはならないと思います。
カスタムをされる方はきちんとした教本や講座などをご覧になり、自己責任でお願い致します。
カスタム途中の写真はありませんが、こういう話題が苦手な方は閲覧をお控えください。

上から順番に開封直後、チークがなくなった後、メイク直し後。
チークがなくなったときもそうでしたが、メイクが変わると随分イメージが違って見えますね。

リップにはリキテックスのガッシュ・アクリリックを使いました。
私は画材がよくわからないので姉に相談したところ「下地が透けないアクリルガッシュがいいよ」とのこと。
ライトマゼンタに姉から借りたライトポートレイトピンクとピーチを混ぜるといい感じの色になりました。

0号の細筆で、最初は水をあまり混ぜずに塗っていましたが、何回やり直しても激しくムラになる!
仕方がないので強引に水で薄めました。
本当はペインティングメディウムとかで薄めるべきなんだろうけど持ってないしなー。

結局相当シャバシャバになるまで薄めてから塗りました、が意外に定着力は問題なし。
グロスポリマーメディウム二度塗りで艶出しとコーティングをして完了!
元の形より少しだけふっくらした、サーモンピンクの唇になりました。

リップが完成したらお次はチーク。
スプレーでがっつりマット肌にしちゃうとまた傷つけそうなので、下地作りはチークを乗せる部分だけ。
スポンジヤスリの800/1000番で表面を荒らして、傷を均すのと境界線をなじませるためにメラミンスポンジ、コンパウンド粗目、細目を軽くかけました。

チークに使ったのは造形村のパステルセットです。
ピンクとオレンジを紙に擦りつけてまぜまぜして色を作り、人間用のアイカラーブラシでぽんぽんと乗せてからチークブラシでぼかすように余分なパステルを払い落とします。
仕上げにチークを付けた部分以外をラップで覆って、水性トップコートの艶消しを吹きました。

実物を見ると淡いチークがかわいいんだけど、写真だとかなり飛んでますね。
一回で仕上げにせずに、パステルとトップコートを重ねればもっと濃くもできるみたいです。
私もそのうちあと一回くらい重ね付けしようかな?

今回開頭ついでに奥目直しもやってみたんですが、こっちはあまり変化なかったです(笑)
目元に落ちる影がほんのすこ〜し薄くなった気がしないこともないかもしれない。

こんな感じでメイクカスタム終了しました。
アンナさん、ちょっと若返ったかも???
元のメイクのままでも充分可愛かったけど、やっぱり私はナチュラルメイクが好きみたいです♪

続・懲りないカスタマイザー<男子カスタム編・後編>

前回のあらすじ

ウィッグとリップリペイントで男の子風にかんたんカスタムしようと思って迎えたスペリオールさん。
しかし経年による変化が想像以上だったため、開頭カスタムでメンテ兼がっつり男子になっていただくことに。
アートナイフで頭皮を切り、ペンサイズのホビーのこでしこしこと頭を割り、メイクを落としてリップラインを書こうとしたところでトラブル発生。
書き損じをリカバリーしようとしてヤスリで肌にキズをつけてしまい、キズを消したために予定外のマット肌になってしまった……。

以下、自分の覚え書き用に簡単にやったことを残しておきます。
初心者なのであまり参考になるようなことは書いていません。
カスタムをされる方はきちんとした教本や講座などをご覧になり、自己責任でお願い致します。

ここから先は、人によっては気分を害する可能性のある内容が含まれています。

  • 頭パックリや首だけボディだけなどのドール分解画像が苦手な方
  • 球体間接などの間接可動系ドールが苦手な方
  • ブライスの顔にブライスボディ以外がついているのは見たくないという方
上記に当てはまる方は、恐れ入りますが回れ右でお願い致します。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。